次回、知多四国八十八カ所歩き遍路旅は
2012年春に予定しています。

ネコのパステルアート美術館 Vol.1


ネコさんのブログはこちら
動画が表示されない方は、こちらからどうぞ

まんぷくピエロ 絵本動画


動画が表示されない方は、こちらからどうぞ

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
原発事故が、私達に教えてくれていること!
2011 / 03 / 20 ( Sun )
真悟です。
いつも、ありがとうございます。

「大地震、大津波、大震災、原発事故、放射能汚染」

悪夢の様な大災害が連続して起きて
しまいました。
被害に会われた東北地方の方には、
本当にご冥福を心よりお祈り致します。

原発事故も想定外の津波に教われ
冷却機能が失われ次々と原発建家が
爆発しました。
幸いにも原子炉は無事だったので
まだ良かったんですが、もし
原子炉ともども爆発していたら
とんでも無いことになっていました。
そうなれば、原発に近づくことさえ
出来なくなってしまいます。

「今回は想定外のことが起こったので
 仕方が無かった」では済まない事態
にもなりかねません。

資源の無い日本にとって原発は必要な
エネルギー源ではあるのでしょうが、
余りにも危険をはらんでいることを、
改めて気付かされました。

原発をテロリストに占拠され、
爆破する様なことにでもなれば
同様です。
その様な事態を想定した警備が
されているのかも疑問です。

原発事故が起こってからの政府、
東電の対応も後手後手に回って
いました。
状況を見て対処するべき事象が
発生したら対応するという動きを
しているから、やっていることが
後手に回って行ってしまいます。
運転でいえば「かもしれない」運転
が出来ていません。

大量の水を給水するのも、
いつまでやれば良いのでしょうか?
冷却機能が無いまま給水していても
燃料棒自体が発熱しているので、
給水し続けないといけません。
冷却剤などを使う気はないのかと
思います。
原発事故直後にアメリカから
冷却剤の提供を打診されたが
日本政府が断ったという話も
あった様です。
(日本政府は否定していますが…)

もっとクリーンで自然と調和し、
尽きることの無い新たなエネルギー
に切り替えていくことが急がれます。
バシャールはそれがあると言って
います。

バシャールをご存知ない方は、こちらへ。

人生は旅 真悟
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

08 : 31 : 24 | 今日の学び、気付き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<2012年に何が起きるのか! | ホーム | 今、自分が出来ることをやる!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ohenrocoach.blog102.fc2.com/tb.php/459-e8f64fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。