次回、知多四国八十八カ所歩き遍路旅は
2012年春に予定しています。

ネコのパステルアート美術館 Vol.1


ネコさんのブログはこちら
動画が表示されない方は、こちらからどうぞ

まんぷくピエロ 絵本動画


動画が表示されない方は、こちらからどうぞ

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
お四国参りの楽しみ!
2009 / 10 / 15 ( Thu )
真悟です。
いつも、ありがとうございます。

1400キロもの道程を歩きで回るお遍路旅は、
とかく辛いことも多い。
そんなお遍路旅の楽しみもたくさんある。

1.四国の自然を満喫できる

 四国はまだまだ自然がたくさん残っている。
 ひなびた味のある遍路道もたくさん残っている。
 高知県に入ると右側は山、左側は海という景色が
 延々と続いている。
 そんな景色を見ながら何日も歩いた時もある。
 そして、道端にさりげなく咲いている花、
 これにどれ程癒されたことか!
 一日中歩いていると、無念無想で歩いている時が
 あるが、そんな時、花を見るとその形と色彩の
 美しさに涙が出そうになる。
 お四国参りをして、花が人を癒してくれることを
 たくさん経験した。
 それから花の写真を撮ることが大好きになった。
 その頃から、花の写真を撮る時に
 「きれいな笑顔してるね」とか
 「花びらのピンクがかわいいね」
 とかお花に話しかけながら写真を撮る様になっていた。

 ▼四国の川は、どこも本当にきれいだ!
  

 ▼高知県に入ると左は海、右は山の景色が何日も続く‥
  

 ▼薄暗い竹林の中の遍路道を歩く
  

 ▼はじめて花に癒された~って感じた時。
  今も、コスモスを見ると癒された時のことを思い出す。
  その形といい色といい、本当に輝いて見えた。
  

2.突然のご接待を受ける

 四国を歩いていると、突然、地元の人に呼び止められる
 時がある。
 「ご接待させてください」と。
 みかんやジュースやパンやお金を頂いたりする。
 地元の人は、お遍路さんにご接待することは、お大師様
 にお供えすることなんだそうだ。
 忘れた頃にご接待されるので、毎回びっくりする。

 ▼はじめて頂いたジュースのご接待。感謝です。
  

3.お宿の食事と女将さんとのおしゃべり

 歩き遍路が泊まる宿が四国のあちこちにある。
 大体、一泊2食で6000円位が相場だ。
 一日歩くとお腹が空くので、夕ご飯は毎回2~3杯
 お替りしていた。一日歩いてお風呂に入った後の、
 ご飯は実に美味しい。
 後、お遍路宿の女将さんがとても面白い人が多い。
 夕食を食べながら、女将さんと色んなお話をするのが
 実に楽しい。
 あるお宿では仮装が趣味の女将さんがいて、僕は結局
 女装して楽しんでいた時があった。
 今、思い出しても笑えてくる。

 ▼仮装が趣味の女将さん
  この日の夜の仮装大会は楽しかった。思い出しても笑えてくる!
  

4.お遍路仲間や地元の人との交流

 旅の途中、お遍路仲間と出会うことがある。
 この人は、「どんな思いで、お遍路旅をされているんだろう」
 そんなことを聞いていると、その人の生い立ちが返り見えて
 くる。まさに「人生は旅」って感じる時である。
 その人にはその人なりの思いがあってお遍路されている。

人生は旅 真悟
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

22 : 54 : 38 | お遍路旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<お四国参り、出陣式。 | ホーム | 真悟のお四国参りメモリアル>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ohenrocoach.blog102.fc2.com/tb.php/197-f9e423f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。