次回、知多四国八十八カ所歩き遍路旅は
2012年春に予定しています。

ネコのパステルアート美術館 Vol.1


ネコさんのブログはこちら
動画が表示されない方は、こちらからどうぞ

まんぷくピエロ 絵本動画


動画が表示されない方は、こちらからどうぞ

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
僕が「歩き遍路」にこだわる理由
2009 / 08 / 10 ( Mon )
真悟です。
いつも、ありがとうございます。

今なら車やバスで気軽に八十八ヶ所のお寺参りを
することができる。
一日に何十件もお寺をお参りすることもできる。
だけど交通手段が無い時代は、当然歩いて回っていた。
獣道の様な遍路道を延々と歩いて回る、命がけの
旅だったのだろう。
お遍路の白装束の姿は、死に装束だそうだ。

僕も車やバスでお四国参りをしたら、もっと楽に
回れるだろうと思う。
だけど、僕は「歩き」でお遍路することにこだわっ
ている。歩き遍路が好きなのだ。

お遍路さんの目的は、八十八ヶ所のお寺をお参りし
お経を納めながら、人が持っている八十八個の煩悩
を脱ぎ捨て本来の自分を取り戻す旅だ。
八十八ヶ所のお寺をお参りすることが目的なら
車やバスでまわっても良いだろう。
でも僕は、お寺とお寺の間にある「道」、その道を
歩くことにこそ、価値がある気がしている。


お四国参り 全体図

一番札所から八十八番札所までの各札所を結ぶルート
全体を、自分が生まれてから死ぬまでの人生全体だと
例えると、お寺とお寺の間にある「道」を歩くことは
「人生を生きること」につながっている気がする。
そして、右足を出して左足を出して、その一歩一歩が
毎日を生きることに通じている気がする。
そして「道」をゆっくり歩くことで、森や海や花や
人々との出会いと別れが生じる。
それがとても印象深い旅にしてくれる。
四国はまだまだ自然がたくさん残っている。
時間も必要だし、お金も結構掛かるので、余裕のある
人でないと、なかなか全てを歩きで回るお遍路旅をする
ことは出来ない。
そんな旅に出掛けさせて頂いたことに、とても感謝
している。
歩いてお遍路すると、
 「人生は遍路なり」
の意味が良く分かる。

スポンサーサイト
22 : 31 : 54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<知多四国八十八ヶ所 秋遍路旅 | ホーム | 遍路とは?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ohenrocoach.blog102.fc2.com/tb.php/150-31bf5bc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。